リゾートバイトの知恵袋

リゾートバイトの社会保険について!元大手社員が説明します♪

こんにちは!派遣会社の元社員のみれいです!

みんなが気になる社会保険♪

今まで何回も説明してきたので、これを読めば社会保険について理解できると思います!

調べてもよくわからなかったんだよね!
これで社会保険は大丈夫!

社会保険って一体なに?

社会保険とは?

  • 社会保険とは、健康保険・雇用保険・年金保険・労災保険をまとめた総称。
  • 社会保険は半分が会社負担、国民保険は全額自己負担。

社会保険加入のルールとは?

  • 加入を希望するかどうかに関係なく、加入条件を満たしていれば加入するものと国で決められている。
  • 雇用期間の見込みが31日以上、2ヶ月以内の方は雇用保険のみの加入になる。
  • ​雇用期間の見込み2ヶ月以上の方は、雇用保険を含む、社会保険に加入となる。

社会保険加入対象者について

  • 就業時間が1週間で30時間以上かつ雇用期間が2ヶ月と1日以上の場合。

当初、2ヶ月と1日未満での雇用契約だったが、契約の更新をした場合は、 通算2ヶ月1日に達した更新時より加入となる。

リゾートバイトの働き方と社会保険

リゾートバイトには大きく3つの働き方があります。

  1. 人材派遣で働く(登録制)
  2. 職業紹介で働く
  3. 紹介予定派遣で働く

人材派遣で働く(登録制)

リゾバ派遣会社と雇用契約を結び​、派遣会社が紹介するホテルやテーマパークなどの施設で支払う形になります。

実際に働く際の仕事に関する指示などは、派遣先の企業から 指示を受けて仕事をこなしますが、契約自体はリゾバ派遣会社と取り交わされているので 給与などは派遣会社から支払われます。

人材派遣は​一般的に登録型となっているところがほとんどであり、リゾートバイトも同様に なることが多いでしょう。

登録型の場合は、実際に派遣先が決まり、働き始めてから、そこで働き終えるまでの期間が雇用契約期間となり、働いていない期間は雇用契約が成り立っていない状態となります。

この雇用契約の期間が、健康保険や厚生年金の加入条件のひとつの基準となります。

人材紹介で働く

リゾート地(旅館やテーマパーク、スキー場など)の企業が求める人材を人材会社が紹 介し、採用となった場合​企業先と直接契約​を結ぶ形になります。

実際に紹介された会社と面接や先行を行い、採用されれば紹介先の会社と雇用契約を結びます。その際、交わされた社会保険の加入条件に該当されているか否かはcheckして おきましょう。

紹介予定派遣として働く

紹介予定派遣とは、リゾバ勤務先で将来的に雇用することを前提に、両者今後一緒に働いていくかを見極め6ヶ月間派遣社員として働き、​お互いに合意が取れれば派遣先と直接契約​を結ぶ形となります。なので社会保険に関しては、人材派遣時と直接雇用時それぞれの雇用条件を確認する必要があります。

基本的には登録型で働くスタッフさんがほとんどです♪

あまり難しく考えず分からないことや、もっと詳しく知りたい!なんて方は担当者さんに相談してみだくださいね!

社会保険の加入から退職後の手続き

上記にも記載していきましたが社会保険加入のタイミングは、雇用形態に関わらず雇用開始日より加入​になります。

「夏休み、冬休み、GW」などの短期案件以外のお仕事では、住み込みで集中的に働く場合が多いので多くの方が 加入条件を満たしている可能性が高いです。

以前、地球温暖化により3ヶ月間の勤務だったにも関わらず1日の勤務時間が2時 間、週2日程しか勤務出来なかったが保険料が引かれていてお給料がほとんど出ないスキー場関連の職場でトラブルがありました。

この場合は当初、加入条件を満たしていたにも関わらず実働することによって発生してしまったイレギュラーなケースです。

引かれてしまった社会保険料はお手元に戻ってくるので派遣会社の担当さんにしっかりとその旨をお伝えください。加入条件に満たない期間は未加入となりました。

勤務する前にしておくこと

社会保険に加入する際、国民保険に加入されている方はご自身で脱退の手続きを​行い保険証を返却しなければなりません。

まずは社会保険の申請をして新しい保険証が届くところがスタートです!

社会保険脱退に必要なものは以下の3点です。

  1. 新しい社会保険証
  2. 元の国民保険証
  3. 本人確認書類

これらの他にも市区町村によって異なる書類がある可能性もありますのでご自身の住まわれている地域の役所に一度お電話でご確認お願いいたします。 また、既にリゾバで遠方に行かれている方に関しても、郵送などで対応可能なところもありますので併せてチェックの方お願いします♪

この際の国民年金の切り替えはリゾバ会社の方で厚生年金加入手続きをするので雇用保険に自動で切り替わります★

社会保険証は出発日に余裕があれば自宅に配送、余裕がなければ勤務先に配送になります。不安があれば余裕を持って出発するといいでしょう。

リゾバ退職後の社会保険の手続きについて

基本的には再度国民保険に加入するか、家族の被扶養者になるパターンが多いです。

その際の手続きに​社会保険の資格喪失証明書と本人確認書類の提出が一般的になります。 社会保険資格喪失証明書に関しては、勤務先のリゾート地で用意してもらう必要があるので、退職時にしっかり確認しておきましょう。

厚生年金の国民年金の切り替えに関しては退職後14日以内に手続きをする必要があるので 役所へ年金手帳や基礎年番号通知書を持参して手続きを行いましょう。

健康保険は任意維持する手もあります。

健康保険は任意継続の制度を利用して、就業時に入っていた健康保険をそのまま2年間引き継ぐことができます。

リゾートバイトでも例外ではないので、検討してもいいでしょう。その際の詳しい内容などは担当スタッフさんにご相談ください。

こんな派遣会社には注意!!

ゾートバイトでも社会保険の加入条件を満たしている労働者は、社会保険への加入が必ず必 要となります。そんな中で、下記のような状況になっている方は雇用元のリゾバ派遣会社に注意してください。

  • 2ヶ月を超える勤務を希望しているのに、加入は3ヶ月以降からしかできないと言われた
  • 3ヶ月以上派遣で働いているのに加入できていない

雇用形態が正社員でも派遣社員、アルバイトでも、加入条件さえ満たしていれば、社会保険には加入しなければいけないものです。

​リゾートバイトの派遣登録時に社会保険に関して十分な説明ができない会社などには注意しましょう!

ABOUT ME
みれい
みれい
過去に老舗派遣会社勤務。日本と韓国のハーフであり、10代の頃から国内、国外問わず趣味が旅行。旅行が好きなあまりリゾートバイト派遣会社に就職。退職後も香港や東アジアへ一人旅に。夢は世界一周。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。